若き料理長が本年も腕をふるいます!

2019.01.11

こんにちは、神楽坂梅助です。

すっかりお正月も終わりましたが、新年を迎えたこのタイミングですので今回は、当店の料理長を紹介させていただきます。

料理長 杉原 徹也

30代にして大阪の名店大和屋の遺伝子を継ぐ、神楽坂梅助の料理長となった杉原。

鳥取県出身の彼は、中学校の頃には早くも料理家を志していたというから驚きです。
その後、東京にある高島屋本店、特別食堂内にある「大和屋 三玄」、また白金台にあるシェラトン都ホテルの「大和屋 三玄」の厨房も経験し、キャリアを積み重ねてきました。

いずれの店でも杉原は、副料理長として活躍、その後当店の料理長に抜擢されたというわけです。

大和屋という名門で腕を磨いただけあってその実力は折紙つきですが、30代の若々しい感性で新しい日本食を追い求めています。

どうかこの若き料理長の味を当店で楽しんでください!

 

 

Access

東京メトロ飯田橋駅から
東京メトロ飯田橋駅「B3」から出ます。
東京メトロ飯田橋駅「B3」から出ます。
東京メトロ飯田橋駅「B3」から出ます。
東京メトロ飯田橋駅「B3」から出ます。
「B3」を出たらモスバーガーを正面に右折、神楽坂上方向に進みます。
「B3」を出たらモスバーガーを正面に右折、神楽坂上方向に進みます。
このとき道を横断し、神楽坂の道の左側を歩いてください。
このとき道を横断し、神楽坂の道の左側を歩いてください。
「THE ROOM」の看板を目指します
「THE ROOM」の看板を目指します
看板を過ぎた先、「職人の手作りの靴」の手前の道に左折してください。
看板を過ぎた先、「職人の手作りの靴」の手前の道に左折してください。
突き当りの三叉路で、「別亭 鳥茶屋」の看板を左折してください。
突き当りの三叉路で、「別亭 鳥茶屋」の看板を左折してください。
石畳の路地を突き当たりまで進んでください。
石畳の路地を突き当たりまで進んでください。
突き当り正面の茶色い建物が当店「梅助」です。
突き当り正面の茶色い建物が当店「梅助」です。
東京メトロ飯田橋駅「B3」から出ます。
東京メトロ飯田橋駅「B3」から出ます。
「B3」を出たらモスバーガーを正面に右折、神楽坂上方向に進みます。
このとき道を横断し、神楽坂の道の左側を歩いてください。
「THE ROOM」の看板を目指します
看板を過ぎた先、「職人の手作りの靴」の手前の道に左折してください。
突き当りの三叉路で、「別亭 鳥茶屋」の看板を左折してください。
石畳の路地を突き当たりまで進んでください。
突き当り正面の茶色い建物が当店「梅助」です。
JR飯田橋駅から
JR飯田橋駅西口を出ます。
JR飯田橋駅西口を出ます。
西口を出たら左折、神楽坂方向に進みます。
西口を出たら左折、神楽坂方向に進みます。
しばらく歩くと神楽坂下の入口が見えてきます。
しばらく歩くと神楽坂下の入口が見えてきます。
神楽坂下の入り口です。
神楽坂下の入り口です。
神楽坂の道の左側を歩いてください。
神楽坂の道の左側を歩いてください。
「THE ROOM」の看板を目指します。
「THE ROOM」の看板を目指します。
看板を過ぎた先、「職人の手作りの靴」の手前の道に左折してください。
看板を過ぎた先、「職人の手作りの靴」の手前の道に左折してください。
突き当りの三叉路で、「別亭 鳥茶屋」の看板を左折してください。
突き当りの三叉路で、「別亭 鳥茶屋」の看板を左折してください。
石畳の路地を突き当たりまで進んでください。
石畳の路地を突き当たりまで進んでください。
突き当り正面の茶色い建物が当店「梅助」です。
突き当り正面の茶色い建物が当店「梅助」です。
JR飯田橋駅西口を出ます。
西口を出たら左折、神楽坂方向に進みます。
しばらく歩くと神楽坂下の入口が見えてきます。
神楽坂下の入り口です。
神楽坂の道の左側を歩いてください。
「THE ROOM」の看板を目指します。
看板を過ぎた先、「職人の手作りの靴」の手前の道に左折してください。
突き当りの三叉路で、「別亭 鳥茶屋」の看板を左折してください。
石畳の路地を突き当たりまで進んでください。
突き当り正面の茶色い建物が当店「梅助」です。
完全個室のおすすめ和食懐石「神楽坂 梅助」

神楽坂 梅助
住所
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-5 濱田ビル1・2F
電話番号
050-7302-3676
営業時間
ディナー 17:00~23:00

ご予約 page top